スマートサプリ | おすすめ比較情報をご紹介

生活を質を向上することを目的とした情報を配信するサイトです。メンズジェルワックスなどの日用品から宅配クリーニングなどの生活に役立つサービスについて書いています。

【徹底解説】これを見れば失敗なし!バリカンでセルフカットする準備と手順

f:id:Capitalist:20190823140728p:plain 家で手軽に散髪ができる「バリカン」。バリカンを使用してセルフカットをしている方も多いと思います。しかし、いざセルフカットをしようと思っても、どのような手順で行えばいいのか分からないですよね。今回は、バリカンでセルフカットをする場合の準備と手順について、詳しくご説明していきたいと思います。

セルフカットのためのバリカンを準備しよう

セルフカットをするには、髪用はさみやバリカンが必要になります。この2つを用意するのが最も良いですが、面倒な場合はバリカンだけでも問題ありません。バリカンは、髪の毛を均一の長さに刈ることができるので、1つ持っているととても便利ですよ。

高価なバリカンを購入しなくてもいい

バリカンを初めて購入するときに、どれを選べば良いのか分からないですよね。「値段」は判断基準になってくると思いますが、高価なバリカンを無理に購入する必要はありません。

高価なバリカンと安価なバリカンの違いは、「音」と「振動」です。

どんなに高価なバリカンを購入しても、メンテナンスを怠れば刃が欠けたり、動かなくなってしまいます。高価なバリカンを購入して使い続けるよりも、バリカンは消耗品と考えて、比較的安価なバリカンを購入することをおすすめします。壊れたら買い換えるようにしましょう。

長さの調節範囲が広いものを選ぼう

バリカンは本体にアタッチメントをつけることで、刈る長さを調節できるようになります。長さの調節範囲が広いものを選ぶと、様々なヘアスタイルに対応できるのでおすすめです。短いものだと0.5mm、長いものだと70mm程度まであるので、しっかりと確認して購入しましょう。

コードあり・コードレス兼用のバリカンがおすすめ

バリカンは電源方式で区別すると「コードあり」「コードレス」「コードあり・コードレス兼用」の3種類があります。そのなかで、おすすめなのが「コードあり・コードレス兼用」です。

セルフカットをする際、自分で後頭部も刈ることになるので、コードがあるとどうしても邪魔になってしまいます。その点で考えると、コードレスで良いように思いますが、コードレスだと充電が切れると使えないというデメリットがあるのです。

コードあり・コードレス兼用であれば、コードレスで使用でき、充電がなくなった場合でも充電しながら使用することができます。値段は少し高くなりますが、利便性は高いですよ。

バリカンでセルフカットをする手順

それでは、セルフカットをする手順についてご説明します。

バリカンを充電する

風呂場などの水がある場所で使用するため、コードレスの状態で使用できるように100%まで充電しておきましょう。

風呂場に新聞紙などを敷いて、場所を確保する

次に、セルフカットをする場所の確保です。

バリカンで髪の毛を刈る場合、短い毛が飛び散りやすいので、風呂場などの水洗いできる場所で行いましょう。新聞紙などのいらなくなった紙を敷いておくと、最後に丸めて捨てるだけなので楽ですよ。排水溝に髪の毛をそのまま流すと、詰まる原因になってしまいますので、できるだけまとめて、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。

アタッチメントをセットする

希望の髪型に合わせて、アタッチメントをセットしましょう。以下も参考にしてみてください。

  • ツーブロックの刈り上げ:3〜9mm
  • 坊主:3〜9mm
  • ソフトモヒカン:3mm、6mm、12mm、50mm(頭頂部にかけて徐々に長くする)

バリカンを初めて使用する場合は、長めのアタッチメントから始めたほうが失敗せずにセルフカットできますよ。

多方向からつむじに向けてバリカンで刈る

髪の毛を刈る作業に入っていきます。

バリカンで髪の毛を刈る時に、できるだけ多方向からつむじに向けてバリカンで刈るようにしましょう。そうすることで、刈りムラができにくくなり、仕上がりが綺麗になりますよ。

全て刈り終わったら、刈り残しがないか確認しましょう。鏡を使用して確認することに加え、手で頭全体を触って確かめるようにすると、刈り残しに気付きやすくなります。

後片付け

最初に敷いた新聞紙の上に、刈った髪の毛がたくさん落ちているので、新聞紙を端から丸めてゴミ箱にすてましょう。そのあと、風呂場全体をシャワーで流せば、後片付け終了です。部屋でバリカンを使用した場合は、掃除機をかけるようにしましょう。

バリカンのメンテナンスも忘れずに!

セルフカットが終わった後にそのままバリカンをしまうと、髪の毛や皮脂が付いたままになり、バリカンの劣化の原因に繋がります。現在、販売されているバリカンは、ほぼ全て水洗いができるので、しっかりと水洗いをして、水気を拭き取ってからしまうようにしましょう。これだけで、バリカンの寿命がグンと伸びますよ。

まとめ

バリカンの選び方や、セルフカットの手順をご紹介しました。

セルフカットができるようになれば、散髪代が節約できるようになります。例えば、散髪1回が5,000円だとして、月1回通っていると仮定すれば、1年間で60,000円程度の節約に繋がるのです。

バリカンでセルフカットをするのは少し面倒ですが、実はそれ以上にメリットもあります。ぜひ、セルフカットを始めてみてください。