スマートサプリ | おすすめ比較情報をご紹介

生活を質を向上することを目的とした情報を配信するサイトです。メンズジェルワックスなどの日用品から宅配クリーニングなどの生活に役立つサービスについて書いています。

【徹底解説】知らないと怖いメンズの白髪染めの最適頻度

f:id:Capitalist:20190827214024p 白髪があると、疲れて見えたり、実年齢より老けた印象になることがあります。そんな時に役立つのが、白髪染めです。しかし白髪染めにも、最適な使用頻度があります。今回は白髪染めが頭皮や髪に与える影響や、最適な頻度について紹介します。

市販の白髪染めが髪や頭皮に与える影響とは?

白髪染めをすると、髪や頭皮にどんなダメージがあるのでしょうか?白髪染めが及ぼす影響について、白髪染めのタイプ別で解説していきます。

白髪染めのタイプ別の髪へのダメージ

白髪染めは、大きく「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」の3つに分けることができます。白髪染めのタイプによって、頭皮や髪に与えるダメージの強さも変わってきます。まず最もダメージが強いのは、ヘアカラータイプです。こちらは比較的1回できれいに染まり、色持ちが良いというメリットがありますが、強力な薬剤を使用しているため髪が傷みやすいというデメリットもあります。

次に傷みやすいのは、ヘアマニキュアタイプです。このタイプは、髪の内側に薬剤を浸みこませるヘアカラータイプとは違い、髪の表面に染料をイオン結合させます。ただ髪へのダメージが少ない分、色持ち効果はヘアカラーほど長くありません。色持ちの期間は2~3週間ですが、早ければ1~2週間で色が落ちてしまうこともあります。

白髪染めの中でも特にダメージが少ないのが、ヘアカラートリートメントタイプです。こちらのタイプは、通常のトリートメントと同じように使うことができるため、髪へのダメージはほとんどありません。ヘアマニキュアと同様、髪の表面を染料でコーティングしているだけです。ただこちらも色持ち効果は長く続かず、繰り返し使用していく必要があります。

ヘアカラータイプを使うとアレルギーを起こすことも

ヘアカラータイプの白髪染めには、アレルギー物質の「ジアミン」というものが含まれています。このジアミンはヘアカラータイプに配合されています。しかしこのジアミンが人によって、アレルギー症状を引き起こす可能性があるのです。

ジアミンによるアレルギー症状が起こると、頭皮がかぶれたり腫れたりすることがあります。また髪の毛が抜けたり、細くなることもあります。万が一白髪染めを使用してアレルギー症状が出てしまったら、使用を止めるようにしましょう。

アレルギー反応が出ないか確かめるために、「パッチテスト」を行うことをおすすめします。体調によってアレルギーが出たり出なかったりする場合もあるので、なるべく白髪染めを使用するたびに行うと良いです。パッチテストは、カラー剤を綿棒で混ぜ腕の内側に薄く塗って行います。48時間放置しても、パッチテストした箇所に異常が出なければ、白髪染めを始めましょう。

市販の白髪染めの最適な頻度は?

instagram-image

petit_price_mariko

では白髪染めをするにあたって、最適な頻度はどれくらいなのでしょうか?白髪染めのタイプに分けて、紹介します。

ヘアカラータイプは1カ月半~2カ月周期で行う

instagram-image

benikokaasan

ヘアカラータイプは頭皮や髪へのダメージがあるため、間隔を空けて白髪染めを行うと良いでしょう。人の皮膚は約28日でターンオーバーします。頭皮への刺激を考えて、1カ月以上間隔を空けてあげると、負担は軽くなります。

また人間の髪は1カ月で約1~1.5センチ伸びると言われています。そのため2カ月が経過すると、髪の根元が約2.5~3センチ伸びます。見た目の面から考えても、白髪が目立つ前の、2カ月以内に白髪染めをすることがおすすめです。

ヘアマニキュアタイプは2週間に1度の頻度で

instagram-image

hairlabo.tanukikoji

ヘアマニキュアタイプは、ヘアカラーのような強い薬剤は使用していません。そのため髪へのダメージも少なく、アレルギー症状が出る可能性も低いと言えます。ヘアマニキュアタイプは、何回か使用することで少しずつ白髪が染まっていきます。1回使用すると、その効果は1~2週間ほどしか持続しません。

そのため、1度染めてから2週間後に染め直すのが最適と言えます。2週間に1度の頻度であれば、髪もいたわりつつ自然に白髪を染めていくことができます。

ヘアカラートリートメントは毎日~1週間に1度で

instagram-image

ai.stones

ヘアカラートリートメントは、トリートメント成分も配合されているため、ほとんどダメージはありません。そのため使用していたトリートメントの代用として使用しても、問題ありません。ただ1週間以上色持ちする場合もあれば、数日で色が落ちることもあります。白髪が気になってきたときに染めていくようにしても良いでしょう。

またヘアカラートリートメントは、3~4回程度は継続して染めることで効果がより現れます。自分の髪や頭皮の状態を確認しながら、白髪染めを取り入れてみてください。

白髪染めは頻度に注意して使用しよう

白髪染めには様々なタイプがあり、染まり方もダメージの強さもバラバラです。ただ頻度に気をつけて使用すれば、白髪染めで若々しい印象を得ることができます。自分に合った白髪染めのタイプを見つけて、おしゃれを楽しみましょう。